脳卒中のため医療機関を受診

脳卒中は日本人の死因に多い危険な病気ですが兆候を早期発見と医療によって治る可能性が高くなります。

脳卒中のため医療機関を受診

脳卒中の兆候と医療について

日本人の死因を大きく占めるのががん、心臓病に続き脳卒中となっています。脳卒中というのは命に関わる危険な病気であり、命に別条はなくても脳にダメージを受けることで体に後遺症が残り寝たきりになってしまう患者も多い病気です。脳卒中というのは、脳の血管から出血が起こったり、血管に血栓が詰まって起こる病気の総称です。脳卒中の中でもっとも多い7割を占めているのが脳梗塞です。そのほかに脳出血、くも膜下出血などがあります。脳卒中は発症すると脳細胞が壊死することでその部分の脳の機能に障害が起きる病気です。発症から時間が経過するにつれ脳の壊死が進み障害が重くなるので、早期発見と一刻も早い医療が重要になります。

残念ながら一度壊死した脳細胞は二度ともとに戻らないので、なるべく細胞の壊死が最小限になるように早く治療をしなければなりません。脳卒中は突然発症する場合もありますが、中には軽い兆候から始まることも多いので、兆候を見逃さず、早めに医療機関で受診するのがおすすめです。脳卒中の兆候にはめまい、ろれつがまわらなくなる、手足のしびれ、ふらつき、視界の変化、吐き気などが代表的です。激しい頭痛や嘔吐といった重い症状の場合もありますが、軽い症状だと見過ごしてしまったりほかの病気のせいだと勘違いしてしまいがちなので注意が必要です。もし早期に発見できて迅速に治療を行えば治すことが可能で、後遺症が残ったり命を落とすと言った結果に至らなくて済むのです。

オススメのサイト